いい夫婦の日・大安・六曜の意味

2018/11/22
良い夫婦

こんにちは!久しぶりの更新すいません(何人見てるかわかりませんが)

最近忙しくってなかなか書く暇がなかったんです((+_+))

 

 

さて、タイトルにもありますが、本日11月22日は「良い夫婦の日」ですね。

たまに車のナンバーもこれにしてる方なんかも見られますし、結構婚姻届が出される率もこの日付が多いんだとか・・・

 

ちなみに入籍の日付を選び理由で最も高いのは、記念日と語呂が良い日で半々だそうです。男性側からの意見で言えば、結構各種記念日を忘れちゃう人が多いので、結婚記念日と統一して少しでも数を減らしたいんじゃないかなと思います(笑)

 

最近は11/22の良い夫婦の日だけでなく、11/5の「良いご縁の日」を選ぶ人も多いそうですよ(^J^)

 

 

あとは日本のいわゆる「六曜(六輝)」に当てはめて、大安の日を選ぶのもスタンダードですね(^○^)

ちょっと脱線しますが、皆さん六曜の意味知ってます?

 

先勝→友引→先負→仏滅→大安→赤口という順なのですが、

先勝は「先んずれば勝」という意味で、何事も急いで事を成すのが吉な日とされており、午前中に予定を持ってくるのが良いとされています。

 

その次に友引ですが、良く「葬式は友引にすると、友達が引かれていく」と言われていますが、元々六曜自体は中国から伝わったもので、この「災いが友に及ぶ」という考え方は、日本に元々伝わる「陰陽道」の友引日から来ています。途中でごっちゃになっちゃったみたいですね。

元々の友引は、「ゆういん」と言って「留引」と書き、物事を留め置き、どう対処するか考える日だったのであり、友達が~なんて風習は全く関係なかったんですね。

友引、という字自体、伝来するときに当て字をした物らしいですし。

 

次は先負!

これは先勝と全く反対の日ですね。

先んずれば負ける。要は、事は午後に成せと言う日です。

 

次は仏滅ですが、これ字だけ見るとなんか仏教に関係ある日のように見えますし、実際「仏様が亡くなった日だよ」と言ってらっしゃる方もいらっしゃいますが、六曜に仏教は全く関係ありません!(笑)

元々「虚亡」という字だったこの日を、すべて虚しい日と解釈し、物が滅びる「物滅」と当てたのが、いつの間にやら「仏滅」となったわけです。

なので全く仏様は関係ありませんし、むしろ物がいったん滅び新しく始まる日として、大安よりもめでたく扱われる場合もあります。

ただ婚姻等に関わる事は避けた方が良いとされているそうです。

 

 

さて次に、一番知名度の高い「大安」です。

大いに安し、という意味合いの下、何をするにも吉日であるとされています。

なので婚姻届もそうですが、車の登録や会社の立ち上げもこの日に申請をする方も多いそうです。

一説には、キリスト教の安息日と同じく、何もせず身体を休める日だともされています。

 

最後に赤口!

この日はもう思いっきり凶日です。

午前11時から午後1時までは吉で、それ以降は何をやっても凶だとされます。

赤という字から、火や刃物に注意しなければならないとされています。

「万事に用いない悪日」とされますので、気になる方はこういう日を避けましょう。

 

 

 

六曜は未だ結構気にする方が多いですが、引っ越しや結婚式場の予約なんかは、赤口の日や仏滅は安くなることがありますので、気にならない方は逆にお得かもしれませんね。

 

ふう、沢山書きました(笑)

話がだいぶそれましたが、皆さんも夫婦関係を大切に、互いに思いやりのある関係を保ちましょう♪・・・私もケーキか何か、たまには買って帰ろうと思います(笑)

 

 

株式会社キュアコネクト
訪問看護ステーション てあて


所在地:鹿児島県鹿児島市谷山中央6-22-24

TEL:099-204-9808

FAX:099-204-9807