動機付け面接・精神科訪問看護

2018/09/22
カウンセリング

こんにちは、毎日歯磨きを神経質なくらいしているのに、小さいころから虫歯に悩まされる事務kです((+_+))

 

あれ、体質らしいですね(o|o)ガンバッテルノニナァ・・・

 

 

さて、今日は当ステーションの所長、加藤裕子看護師が行っている精神科訪問看護について少しお話したいと思います。

 

 

まず一つ目は、「動機付け面接」に関してです。

 

面接っていうと、アルバイトとか入社面接とかそんなのが頭に浮かびますが、ここでいう動機付け面接というのは、カウンセリングの技法のひとつです。

 

ミラーとロルニックという二人のカウンセラーが開発したこの面接方法は、対象者のアンビバレンス(両価性)を探って、それを解消する方向性を模索し、問題の解決に向かっていく手段です。

 

 

・・・よくわからないですね。。

 

簡単に言うと両価性と言うのは、自分の中で相反する二つの考えがあることです。

 

「煙草をやめたい」「煙草を吸いたい」

「社会に出て働きたい」「外に出るのが怖い」

 

こういったものですね。

 

そう言われてみると、自分の中にも両価性はある気がしませんか?

 

 

動機づけ面接は、対象者と会話していく中で両価性を探り、その中の強みを認識してもらい、自ら解決の方向へ向かっていける様促す面接方法です。

アメリカではかなり主流な手段として用いられており、世界的規模の組織も存在しています。

 

当所長の加藤裕子は、この動機づけ面接鹿児島勉強会で、事務局を運営しております。講師として活動することもありますので、現場での活用は日常的です。

 

 

そしてこの面接法や、その他多くの資格や知識を活かして行うのが、当訪問看護ステーションが行っております精神科の訪問看護です。

 

一般の内科的な訪問看護を行う事業所は多くありますが、精神科の訪問看護を行っている所は限られています。

 

 

長年カウンセラー・看護師・引きこもり支援を行ってきたノウハウを活かして、訪問看護で患者様に寄り添います。

 

また精神保健福祉士の資格も保有していますので、知識面でも充実しています。

 

 

ご自分が、お子様が、ご両親が、ご親戚がそういったお悩みをお抱えでしたら、先ずはご相談下さい(*^_^*)

 

株式会社キュアコネクト
訪問看護ステーション てあて


所在地:鹿児島県鹿児島市谷山中央6-22-24

TEL:099-204-9808

FAX:099-204-9807