ガンについて

2018/09/19
がん

こんにちは、昨日の仕事で重いものを運び、すっかり体がガタガタの事務Kです((+_+))

 

最近、がんで亡くなる方のニュースがTVでまた盛んに流れていますね。

山本KIDさんや、さくらももこさん・・・

 

未だにがんは日本の死因における第一位で、男女により罹患率やその部位は違いますが、男女ともに最も多くの命を奪っています。

 

男性が生涯においてかかる確率はおおよそ60%、がんで死亡する確率はおおよそ25%とも言われています。

女性は少し低くて、かかる確率約45%、死亡する確率約15%だそうです(あくまで私の調べでは)

 

 

 

じゃあ結局がんって何?という所なのですが、

私が持っている知識を自分なりに、素人なりにまとめさせて頂くと、

がんは「遺伝子のエラー」だと思っています。

 

 

私たちの体にある無数の細胞、その中に入っている私たちの

設計図、プログラムと言っても良い遺伝子が、何らかの方法で

傷つきがん細胞を発生させる。

 

つまりエラーなのです。

 

そしてそのがん細胞が蓄積・増殖・拡散していき、がん症状となる。

と解釈しています。

「遺伝子のエラー」と言いましたが、要は故障です。

 

 

毎日使っているスマホ、仕事でなくてはならないパソコンや車、

調理で使うレンジ等々、我々の周りにもたくさん「エラー」を起こす機械があります。

 

 

ましてや人間の体にある細胞は、約37兆個。

それが絶えず活動し、作用しあっているのならば、エラーを起こしたっておかしくないですね。

 

つまり、がんは誰でもいつでもなる可能性のある病気、という事ですね。

明日は我が身、という言葉がありますが、こういった悲しいニュースからこそ学び、健診を受けて行きましょう。

 

 

ちなみにがんは、「禁煙」「節酒」「食生活」「身体活動」「適正体重の維持」をすべて行って、やっとリスクが半減だそうです。

多分私は2つくらいしか出来ていない・・・ので明日から5つとも頑張ります!

 

 

お子さん、ご家族の為にも、長生きしましょう!

それでは。

株式会社キュアコネクト
訪問看護ステーション てあて


所在地:鹿児島県鹿児島市谷山中央6-22-24

TEL:099-204-9808

FAX:099-204-9807