お盆とは

2018/08/10
お盆

こんにちは、明日から始まるお盆休みにわくわくの事務Kです(o|o)

 

この間年が明けて、桜を見て梅雨の紫陽花を楽しんだばかりだったのに、気づけば明日からもうお盆休みですね(V)o¥o(V)

 

 

「お盆」の語源は”盂蘭盆会”と言って、元々仏教の習わしです。

その昔母親が餓鬼道(輪廻転生、つまり生まれ変わった先の世界の一つ。常に飢えて苦しみ、食べ物を食べようとしても口に入れる前に炎になってしまう世界)に落ちて苦しんでいるのを見たお坊さんが、仏様の教えに従って色んな人に施しを行いました。そのおかげで母親は極楽浄土へ行けた為、その施しをした7月15日前後を先祖供養の大切な日としたそうです。

 

元々は旧暦の7月15日に行っていたお盆ですが、新暦に入り農作業の繁忙期と重なってきた為、8月の13日から16日へずらしたという事です。

 

最近は迎え火や送り火、ナスの牛やキュウリの馬も見なくなりましたね。毎年ただの長期連休のようになっていきますが、先人を大切にする日本の文化を守っていきたいなぁとも思います。

 

 

色々な由来が身の回りにはありますが、最近おもしろかったのは

「なぜ2月だけ28日なのか」というお話です。

 

31日ある月から2日もらって、30日にしてもいいなぁと思ってました。じゃあなんで2月は28日なんでしょう。

 

それはまず、ユリウス・カエサルというローマの軍人が採用したユリウス暦というものが、奇数月を31日、偶数月を30日と定めたところから始まります。ちなみにこのユリウスの誕生月7月は、ユリウスの綴りJuliusからjulyとされています。

 

そしてそのユリウスの後継者となった初代ローマ皇帝、アウグストゥスは、自分もユリウスと同じように暦に自分の名前を残したいと思います。そこで8月はAugust(アウグスト)とされました。

更にアウグストゥスは、自分の誕生日月の8月が30日となっていた事に不満で、8月を31日にして次の月をずらしてしまいました。そして8月で1日増やした分、2月から1日取ってしまい、2月は28日になりました。

 

 

アウグストゥスむちゃくちゃ!!(笑)

今の私たちの一年は、1人のわがまま皇帝によって変えられたのでした、という話でした。

 

以上、明日使ってほしい豆知識でした。

 

株式会社キュアコネクト
訪問看護ステーション てあて


所在地:鹿児島県鹿児島市谷山中央6-22-24

TEL:099-204-9808

FAX:099-204-9807